2022.6.21

2022.6.28

弊社代表による共同執筆書籍 出版のお知らせ

このたび弊社代表の王 玉冬が共同執筆した「気象データ分析の高度化とビジネス利用」が株式会社エヌ・ティー・エスより2022年6月30日(木)出版されることになりました。

弊社では本書籍の「第3章第2節気象センサーと気象センサークラウドの連携」について執筆しています、以下は本書の内容のご紹介です。
災害対策をはじめ、農漁業や物流、交通等、幅広い分野で価値を生み出してきた気象データ。
社会や生活のあらゆる面での基盤であるほか、近年は日常的な経済活動にも影響することからビジネスセクターなど様々な分野で気象データの利活用が試みられている。
特に近年の情報通信技術の進展により、日常的な経済活動としてのビジネスへの気象データの利活用や、気象データの高度なビジネス活用(IoTやAI(人工知能)など高度なデジタル技術を駆使したデータ収集・分析・解析等)が今後期待されている。
またグリーン社会の実現のためにも、気象データの利活用は不可欠であり重要である。
本書は、マーケティングやサービス開発をはじめ、多様な分野で有用性が高まり続ける気象データを使ったビジネス開発と技術動向を一望する。
気象ビッグデータを活用するための要素技術/ビジネスの研究開発動向をまとめ、気象データビジネスの新たな可能性を展望する。
今後のデータ駆動型社会における気象データ利活用の推進に役立てば幸いである。

Amazon商品紹介ページ :
https://www.amazon.co.jp/気象データ分析の高度化とビジネス利用-越塚-登/dp/4860437942