2016年6月27日

ストレスチェックシステム

今後はストレスチェックが必須になる

■ 2014年6月、法案可決

2014年6月19日、衆議院本会議において「労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)」が可決され、法案が成立することになりました。 本法案は専門家(医師、保健師など)によるストレスチェックを行うことで従業員のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐことを目的としています。 従業員数が50人以上の事業場を対象とし、年1回のストレスチェックが義務付けられます。(50人未満の事業場に関しては努力目標とされている)

■ 法令準拠した安心のIT受験で業務コストを削減低コスト導入ができるサービス

厚生労働省のガイドラインに準拠した設問と診断結果を提供。 単体タブレット端末に対応し、場所を問わずに受検可能です。 診断結果をSDカードに保存するため、ネットワークなど運用環境がなくても、一括印刷ができる。